soundwing-あの素晴らしい駄文以下のなにか このページをアンテナに追加 RSSフィード

■日々のどうでもいい事や、一般/同人音楽CD・一般/同人ゲーム・フリーゲームのレビューを書いてます。■
■最近はライブレポがメインになってきてます。■
■ネタバレは極力しないように注意をはらっていますが、不安な方は読むのを避けるのが確実です。■

2017-02-28

[]2015/07/19 空きっ腹に酒 インストアライブ @ タワーレコードなんば店 23:11 2015/07/19 空きっ腹に酒 インストアライブ @ タワーレコードなんば店を含むブックマーク

空きっ腹に酒のミニアルバム発売に合わせてのインストア。


ドラムセットは無し。カホンでアコースティックな感じ。

ロックな部分はほとんど出なかったけど。それでもしっかり聴き入っちゃうのは意味がスッと入ってくるラップのおかげか。最近のゆきてるさんの歌詞はガツンと耳&脳に届くラップになってる。1stからスタイル変わってきてるのがわかる。


ドラムの人がアコーディオンを持つタイムあり。お家が芸者一家だそうで。

ジブリやらマリオの曲をドヤ顔で弾いてるのがめっちゃ面白かったです(笑


インストア自体がめちゃくちゃ満足!って感じでもないけども次のライブ行きたいと思わせてくれるライブでした。

落ち着いて聞けたことでポテンシャルをヒシヒシと感じた〜。


D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/soundwing/20170228

2017-02-27

[]2015/07/18 黒木渚フリーライブ @ 阿倍野ROCKTOWN 00:11 2015/07/18 黒木渚フリーライブ @ 阿倍野ROCKTOWNを含むブックマーク

黒木渚の抽選制フリーライブ。たしか「君が私をダメにする」の発売に併せてだったかな?

無料とはいえフルバンドでがっつり90分間ライブで普通のライブと変わらずでした!




ベースが髭(Hige)の人。とある曲でステージの前に出てきて力強く弾いてた姿がダンディなフェイスと相まって鬼カッコよかった!

黒木渚のサポートバンドはベースがよく変わるけど毎回良い人連れてくるなぁ。


おなじみになったギターの井手上さんは前出まくりでいいなぁ。ロックスターが憑依したかのような弾きっぷりは昔のcinema staffを思い出します。


で、黒木渚さん本人は存在感、歌のうまさ……もピカイチ。言葉がハッキリと届いてくるのがいいんよなー。

詩の朗読からスタートした曲の「ロケットみたいだね」って歌詞のとこでエアコンのブオーって音が鳴ったのがブースターみたいだったwおかげで脳内にすごく絵が描けた!


黒木渚の趣向はカテゴライズするならめっちゃ中二病なんだけども、それがオタクとして出るんじゃなくしっかり表現者の形で出てるのが良いな、と。

中二病に堕ちる前の文学/創作好きな部分。それをしっかりと形にして表現できてるのがスゴい。


D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/soundwing/20170227

2017-02-25

[]2015/07/17 AFTER SCHOOL HANGOUT(林立夫沼澤尚鈴木茂森俊之沖山優司) / Leyona /高橋幸宏Billboard Live Osaka 01:32 2015/07/17 AFTER SCHOOL HANGOUT(林立夫、沼澤尚、鈴木茂、森俊之、沖山優司) / Leyona /高橋幸宏 @ Billboard Live Osakaを含むブックマーク

林立夫さんと沼澤尚さんが初めたプロジェクト・After School Hangout。ゲストにLeynoaと高橋さん。

林さんと沼澤さんのツインドラムの前で高橋幸宏さんをアコギ&ヴォーカルに起用するのが贅沢すぎる!


曲は洋楽のカバー中心。僕が知ってる曲はあまりありませんでした。

ツインドラムは複雑に絡むのでなく林さんがメインビートを叩いて沼澤さんがハイハットをちょこっとだけ挟む……とか。沼澤さんはほぼシェイカーのよう。無くても成立するけどあることで出来るグルーヴが確かにありました。


ギターは元はっぴぃえんどの鈴木茂さん。これがまた良い音を出してて……清涼感の塊のような音色。鈴木さんのギターが一番聴き惚れたなー。


紅一点として華を添えてたLeyona。この人はソウル寄りのパッションの強いボーカルの印象が強いからこのバンドではその部分はほぼ出せず。でもコーラスで絡んだときの高音がめっちゃ気持ちよかったりでソロとは違う魅力も出てました。




贅沢な高橋さんの使い方、欲張らないツインドラム……大人たちの余裕を和やかに見れた夜でした。「ここがめっちゃスゴかった!」ってのはなかったけどほんのりと良い音&空間を体験できた


演奏をしながら子供みたいに笑う沼澤さんを筆頭にメンバーがとにかく楽しそう。

たぶん客の誰よりも楽しんでるのは本人たちだった気がする。”放課後のハングアウト”ってバンド名は見事だなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/soundwing/20170225

2017-02-23

[]2015/07/13 PredawnSPANK PAGE @ PANGEA 00:44 2015/07/13 Predawn、SPANK PAGE @ PANGEAを含むブックマーク

predawn目当てPANGEAへ〜。


predawn

ライブハウスで見るのはなにげに初かな?

シチュエーション的には先日のROKKO SUNに劣るのは仕方がないけど、アンコール2曲のしっとりしたおやすみなさい感はハコならでは。また違う良さがあった!


レンガで高くなってるとこから見てたんで手元までよく見えた〜。

フィンガーピック使ってるのね。


D


Spank Page

Predawnがお目当てだったけど対バンSpank Pageがかなり良かった!

Mogwai的な綺麗な音もありながら、ポストロックまではいかずにあくまでロック、ってなバランス感覚が心地よかった〜。


サポートの田渕ひさ子さんは相変わらず良いギターを弾きなさる。音がイチイチ気持ちいい!弾く動作も切れ味あって大好きです。中尾 憲太郎さんのベースもどっしり重くて足元から震えた!


Spank Pageその人である仲手川さんの高音ボーカルはサウンドにベストマッチしてて美しい。

ボーカルとひさ子さんのギターがおしとやかに主役を取り合うのがキャッチーでした。

野外でも見てみたいバンドだなー

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/soundwing/20170223

2017-02-21

[]2015/07/12 TONES vol.1(ばけばけばー、おとぼけビ〜バ〜、小林うてな、COUNT PHANTOM) @ 京都METRO 23:00 2015/07/12 TONES vol.1(ばけばけばー、おとぼけビ〜バ〜、小林うてな、COUNT PHANTOM) @ 京都METROを含むブックマーク

ライブ仲間のotakebiさん が企画したイベントTONESです。これが初回かな?このあとも何度か企画されてます。


実は初・京都METRO。初めていくライブハウスはワクワクする!駅直結だったり、段差になってる橋みたいな場所があったり……面白い作りのハコでした。


ばけばけばー

京都の4ピース・バンド。FUJIROCK '12のルーキーズに出たこともあるそうです。


切れ味の良いリフで突き抜けてくポストパンクに関西風味をプラス。

”どうしてその演奏スタイルになった?”ってなぐらいにのけぞりまくりの女性ベースとか、パッと見は内気っぽいのにテンションが以上に高いギタボとか……インパクト大。

なにより曲と演奏がグサグサと身体に刺さってくる気持ちよさがあってツボった!


イロモノっぽいけどロックに決めるトコは”実は”決めてた印象。

その境目がパッと見じゃわからなくて”ヘンテコだけどなんか気持ちいいぞ?”って面白い感覚になってました。

また見たいバンドだなー


D


おとぼけビ〜バ〜

チラ見やメンバーが見えない満杯状態(BOROFESTA・地下ステージ)とかでカスってきたけどしっかり見るのは初でした。

小柄な女性達なのにパワフルな演奏。たまに出てる音と見た目が脳でマッチしないことがありました(笑


関西のラフさが濃いイメージあったけどちゃんと聴くときっちりした演奏。

特にギターは細かいフレーズを鋭く編み込んでて”うおっ!”ってなった。

強度のある音が一気に迫ってくるサウンドはサムスピ・シャーロットのスプラッシュファーントが思い浮かんだり(わかる人にわかればいい;


D


小林うてな

今だとD.A.N.のサポートで有名になってる人ですね。 サンプラーキーボード+声のソロライブ。

民族的なテイストにベース・ミュージックやらテクノやらハイレベルに取り込んでてめちゃくちゃ気持ちよかった!

オオルタイチMassive Attackに接近したといいますか。人間味とデジタルの見事な融合。


ここまでガチにデジタル方面の気持ちよさもあるとは思いもしなかった。Seihoさんや彼が共演してる海外アーティストとまったく引けを取らない、最新のデジタルサウンド。

良い意味で想像と全然違うサウンドだったので予想だにしない角度からぶん殴られた気分。


曲はシリアスなのに「床屋さんイメージした曲」「リンキンとケミブラを組み合わせた感じの曲」とかマイペースに変なこと言ってて面白かった。

曲中もシリアスなイントロから次に展開するはずが操作ミスって何度も同じフレーズを繰り返しちゃって自分で笑ってたり……人間味あるなぁ。


D


Count Phantom

名古屋の3ピース・バンド。ガレージパンクに軽くダンサブルな要素入った感じ。

ギターがノイズ寸前なエグい音出してて気持ちよかったー。フレーズもいちいちカッコイイ。

曲は無駄を削ぎ落とした作り。曲の終わりがあっさりしてて客が拍手するタイミングに戸惑うコト8割(笑


基本ちょっとトリッキーなリズムの曲多いななか、ギターの音が強烈すぎる以外はメロコアみたいな直球パンク曲もあっておもしろいな―と


D


初見ばかりで前情報もほとんど知らない(あえて調べなかった)出演者ばかり。

間違いないアクトばかりで楽しかった!21時くらいに終わってくれたのも帰りが楽で助かるな―。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/soundwing/20170221