ユーリの部屋

2017年09月23日 読書の秋に

ツィッター(https://twitter.com/ituna4011)から。

Lily2‏ @ituna4011 5 minutes ago

入江相政日記〈第11巻〉昭和五十五年一月~昭和五十七年十二月』(朝日文庫)入江 相政(https://www.amazon.co.jp/dp/4022610514/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_RPAXzbM86QXR2 …)も届いた。ざっと目を通すと、なかなか興味深く、案外にすんなり読み進められそうなことに驚いた。「入浴」の記事が頻出だが、斎戒沐浴のことであろうか。


Lily2‏ @ituna4011 12 minutes ago

入江相政日記〈第6巻〉昭和三十三年二月~昭和四十年十二月』(朝日文庫)入江 相政(https://www.amazon.co.jp/dp/4022610468/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_fAAXzbFXS0QKQ …)を中古で入手。先週の学会は会場が広尾の聖心女子大。大学敷地内には昭和天皇のお妃でいらした香淳皇太后様のご実家が残されていて、説明を受けたため。


Lily2‏ @ituna4011 25 minutes ago

家系図を作ろう!』(https://www.amazon.co.jp/dp/4777930645/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_UxAXzbHHBWKAA …)が昨日、中古で届いた。この本は、先週、学会の前後の空き時間に立ち寄った銀座の教文館で見つけたもの。過去帳を持っていた主人の田舎の話に触発されて、遅ればせながら自分も家系を整理してみたくて入手。年齢的に好適か。


Lily2‏ @ituna4011 29 minutes ago

三菱・三井・住友 「三大財閥」がわかる本』(知的生きかた文庫) 財閥研究会(https://www.amazon.co.jp/dp/4837984444/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_suAXzbFWF29PP …)が昨日、良い状態の中古で届いた。先週、学会で上京した際、伊丹空港の本屋さんで見つけたもの。二十年間の結婚生活を支えてくれた主人の勤務先を勉強するため。

(転載終)

もう一冊、銘記しておきたい雑誌を手に入れた。

一昨日、町内の駅近くの通りを歩いていたら、骨董品店というのか、陶器の食器類や置物などを売っている小さな古物店の前に、小さなダンボール箱が置いてあり、創刊号『諸君』昭和44年7月(文藝春秋)が目につくように他の雑誌と共に並べてあった。昼間は暑くて日傘が必要なほどだったが、思わず見出しに目が留まり、足も止まってしまった。

目次を見ると、どうしても読みたい記事が二つあったのだが、値段を見ると何と「1000円」と書かれた紙が挟んである。どう見ても古びていて廃品回収にもってこい風だったが、早速、エコ用手提げ袋からメモ帳を取り出し、鉛筆でタイトルとページ数を書き留めておいた。通りがかった人は、(何しているのかしら?)と不思議がっていたかもしれないが、この際、リサーチ精神丸出しで、気にしない、気にしない。

帰宅してから、すぐにパソコンで大阪府立図書館の検索ページを立ち上げ、探した。この図書館は「日本一の蔵書量」を誇っているらしいので、とりあえず、複写サービスを依頼しようとウェブで入力を試みた。

ところが、何度入力しても、「情報が間違っています」と出てきて、先へ進めない。

仕方なく、図書館へ直接電話をかけてみた。若い女性がテキパキと丁寧に答えてくださったが、かいつまんで説明すると、私の手持ちの「大阪府立図書館利用者カード」は、1998年頃に作成したものなので、既に期限切れで、過去には借りた経験があったとしても、利用者登録リストからは削除されているとの由。従って、当座の複写希望には、当日時間内のみのパスワードを使って申し込めば良い、とのことだった。

ところが、そのパスワードを入力してみても、複写サービスまで至れない。

府立図書館所蔵の本そのものは、今でも借りているのである。近所の町立図書館経由で、相互貸し借り制度を使って予約カードをカウンターに提出しさえすれば、結婚直後の数年、バスと電車と地下鉄を乗り継いで東大阪まで赴かなくても、ほんの買い物のついでに借りられるからである。

だが、以前作っておいたカードが既に用済みになっていたとは、迂闊にも気づかなかった。永久保存版だと勘違いしていたためである。

そこで、便箋一枚に手書きで複写の必要なページを書いて、郵便ポストに投函しておいた。午後のことである。

何と、その翌日の昨日、お昼前に図書館から電話がかかってきて、「その資料は所蔵がありません。国会図書館にしかありませんが、それもデジタル化されており、複写は館内閲覧だけです」とのお返事が来た。

郵便の手紙がそんなに早く届いたことにも驚いたが、「日本一の所蔵」を誇っていたはずの府立図書館が昭和時代の雑誌を保管していないことにも驚いた。

国会図書館は関西にもあるが、まだ訪れたことはない。だが、時間と交通費と館内閲覧の手間ひまを考えれば、町内の古い小さな骨董品のお店の1000円が、俄然、光を放って手招きしているように思われた。

今度は小雨が降っていたが、構わず、歩いてそのお店へ直行した。既に、ダンボール箱は取り片付けられていたが、勇気凛りん、初めての店内に足を踏み入れ「ごめんください」と声を掛けてみた。

何だか、ありし日の三浦光世氏のような雰囲気の白髪のおじさんが奥から出て来られたので、思い切って「昨日、お店の前を通ったら、『諸君』という古い雑誌が置いてありましたよね?まだ残っています?」と尋ねてみた。すると、一日経っただけなのに相当奥深くしまいこんだようで、何やらゴソゴソされていたが、ふと「これですかね?こんなのでいいんですか?」と取り出してこられた。

「はい、それです。どうしても読みたい記事が二本あって、府立図書館にもなかったので。国会図書館だとデジタル化されて館内閲覧だけだそうです」と言うと、おじさん、物凄く嬉しそうな表情になって「では」と手渡した。

「あ、袋に入れてくださいませんか」とお願いすると、お店の名前と電話番号だけを小さく印刷した金色のシールを貼っただけの白い無地の紙袋に入れて渡してくださった。

マレーシアだったら絶対に値切る(まずは半額から試す)のだが、さすがにここは日本。しかも、国会図書館でも稀少本扱いになっているので、おとなしく売値を払った。時間をお金で買ったのだから、売り手買い手の双方にとって、良い取引であったと言えるかもしれない。

帰宅して、夢中になって気になった記事を二本読んでみた。うむ、本当に興味深い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170923

2017年09月22日 初秋

フェイスブック(https://www.facebook.com/ikuko.tsunashima)からの転載を。

S・H:イエール大学での図書館の話。バイオリニストの庄司紗矢香さん、彼女は演奏家は作曲家に仕えるための存在という。作曲家が書いた元譜を見ることの重要性を語ってましたが、一次資料にあたる重要性ですよね。筆圧の強さなどにもその人の意思や感情は現れますので。

20 September at 16:19


ユーリ:早速のご感想、ありがとうございます。庄司紗矢香さんの演奏会には、京都、西宮、大阪など、これまでに数回行きました。彼女のおかげで新たに知ったヴァイオリン・ソナタ曲もありますし、ミラン・クンデラを読むようになったのも、彼女のインタビューによってでした。

20 September at 17:55


S・H:庄司さんの演奏、数回行かれてるんですね。とてもうらやましい。ところでミランクンデラの評論ですが、Wikiでみたら世界の相対性を語るうえでのヨーロッパが産んだ芸術形式とあり、それは大変興味深いのですが、どの評論を読もうかと悩みます。ユーリさんのアドバイスはありますか。「小説の精神」それとも「小説の技法」?

20 September at 19:53


ユーリ:私の場合は、専門以外は乱読で、手当たり次第、気に入ったものから読み始めます。しばらく休んで、別のものを読んでから、元に戻ることもあります。クンデラなら、まずは『存在の耐えられない軽さ』から始めましたが、他の作品については、過去ブログに少し書きましたので、よろしければどうぞ。(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20090327

20 September at 20:10 · Edited


ユーリ:あ、ヒンデミットについては、メッセージをお読みください。

20 September at 20:09


S・H:今、ヒンデミット、ユーリさんのご推薦曲「ウエーバーの主題による交響的変容」を聞きました。自分の中でどうも言葉に集約されてこないので、気の効いたことを言えません。そこでチェロ協奏曲を聞いてました。

20 September at 20:34


ユーリ:直感的なタイプなので、それほど難しいことはお話できません。ただ、ヒンデミットのこの曲は、部分的に日本の祭り囃子に似た旋律が出てくるので、気に入った次第です。多分、だから日本でも時々演奏されるのだろうと思います。チェロも良い音色ですね。

「イェール大学」に関しては、過去ブログ(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20140520)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20140521)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20140524)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20140525)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20140802)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170811)を。「庄司紗矢香さん」については、過去ブログのリスト(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/archive?word=%BE%B1%BB%CA%BC%D3%CC%F0%B9%E1&of=50)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/archive?word=%BE%B1%BB%CA%BC%D3%CC%F0%B9%E1)を。「ミラン・クンデラ」を巡っては、過去ブログ(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/archive?word=%A5%DF%A5%E9%A5%F3%A1%A6%A5%AF%A5%F3%A5%C7%A5%E9)を。「ヒンデミット」は、過去ブログ(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20131004)に記した。

shared Middle East Forum's post.

20 September at 18:32 ·


https://www.youtube.com/watch?v=1VhCZDbYY88&feature=youtu.be&t=25m35s


皆様、是非ご覧ください。アメリカでは、民間シンクタンクがこのように正面切って真剣勝負をしています。火花は散りますが、それだけにお互いがわかってくるのだろうと思います。そして、生ける歴史に参画し、自ら歴史を作っているという感覚には、並々ならぬものがあろうかと想像しております。

毎月赤字で貯蓄も約70万円と心もとないにもかかわらず、保険は子どもの学資保険に入っているだけです。これでは夫婦に万一のことがあったときの保障が何もなく、非常に危険です。(引用終)

20 September at 18:46

shared Satoshi Ikeuchi's post.

20 September at 20:05


・選書という媒体に私は以前から興味を持っていました。学術的な内容を軽快な装丁で本にできる。ただし、選書の通常の厚さだと、世の中の現場の最前線にいる忙しい人たちに、そういう人たちにこそ実は私の本を読んで欲しいのだけれども、なかなか読み通してもらえない。


・過去十年ほどで過熱した「新書戦争」をあまりよく思っていません。かつては長く読まれる定番の、教養主義的な高尚な内容のものが多かった新書という媒体が、近年大きく変わってしまい、各社が競って数多くの新書を毎月刊行して競争しています。


・耳目を集める事件や事象が起こって、私に書けること、書きたいことがあれば出していきたい。もしこの本の評判が良くて、売れれば、どんどん出るでしょう(笑)。


・質問で本題と関係なく「わたしゃね、思うんですよ、諸悪の根源がサイクス=ピコ・・・・・」などと一席ぶって一向に質問に入らないおじさまが(笑)

(部分抜粋引用終)

shared Satoshi Ikeuchi's post.

20 September at 20:05


クルド人には同情するが、独立を真剣に望むなら拙速であってはなるまい。自治政府は厳しい前例に学びつつイラクや周辺国と辛抱強く、何より平和的に話し合ってほしい。(引用終)

クルド」に関する拙訳はこちらを。

http://ja.danielpipes.org/art/cat/69)(http://ja.danielpipes.org/article/11384)(http://ja.danielpipes.org/article/12295)(http://ja.danielpipes.org/article/12497)(http://ja.danielpipes.org/article/12578)(http://ja.danielpipes.org/blog/12656)(http://ja.danielpipes.org/blog/14066)(http://ja.danielpipes.org/article/14445)(http://ja.danielpipes.org/article/14464)(http://ja.danielpipes.org/article/14482)(http://ja.danielpipes.org/article/14498)(http://ja.danielpipes.org/blog/14554)(http://ja.danielpipes.org/article/14699)(http://ja.danielpipes.org/article/14889)(http://ja.danielpipes.org/blog/15376)(http://ja.danielpipes.org/article/15384)(http://ja.danielpipes.org/article/15786)(http://ja.danielpipes.org/article/16613)(http://ja.danielpipes.org/blog/16629)(http://ja.danielpipes.org/article/16643)(http://ja.danielpipes.org/article/16732)(http://ja.danielpipes.org/article/17269)(http://ja.danielpipes.org/article/17318)(http://ja.danielpipes.org/article/17546)(http://ja.danielpipes.org/article/17550

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51095?page=3


「香港、中国、シンガポール、韓国に負ける日本の大学:この10年間で追い越され引き離される事態を招いた本当の理由」

2017.9.19 伊東 乾


岡山県にあった津山藩は、幕府の親藩でありながら江戸時代から洋学に力を入れ、幕末には「蕃書調所」その他に人材を供給、医学や海防その他、様々な分野で人士が出ました。

維新後の明治6年、こうした旧幕臣系で国際派の人々が集まり「明六社」というグループが形成されます。ここにも津山から複数のメンバーが参加しています。

・決して岡山ローカルではなく、それこそ「日本全国」から洋学解明派の人々がアカデミックに連携した。

明六社明治10年以降の東京大学、あるいは慶応義塾など、のちの日本を支える学術の府に直結する画期的な原点となりました。

・津山ローカルといった規模ではなく、以前は国と国(藩と藩という意味ですが)に小さく分かれていた日本が「挙国一致して」世界に伍していこうという、知の大同団結があった。


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51095?page=4


・地元のエリートが年齢を重ねると、中央省庁にも同期や同級生がいるので、そのネットワークを通じて地方と中央のパイプを形成することができたりする。


明治から20世紀末まで続いた、日本の「お山の大将」型大学の現実的な姿です。これ自体は向こう20〜30年間、たぶん変わることはないでしょう。

(部分抜粋引用終)

「津山」は、主人の母方のご実家の親戚の地縁に関係するので、過去二十年、地名はよく耳にした。

『日経電子版』

最大のヒット曲は97年に発表した、ドラマ「バージンロード」の主題歌「CAN YOU CELEBRATE?」。結婚式で歌われる曲の定番となり、安室さんの代表曲といえる。(引用終)


← 安室奈美恵さんが「丸山奈美恵になります」と妊娠結婚を宣言していた頃、たまたま宿泊していたホテルのテレビ映像で眺めながら、(こういうタイプが幸せになる女性なのかしらねぇ)とボンヤリ思っていた。同じ年に結婚したが、その後、彼女は出産と離婚を経験し、この度、引退へ。方や私は、起伏のない平板な生活を送っている。

結婚の準備を進めていた頃の騒動については、過去ブログ(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170107)に。つまり、安室奈美恵さんと私とでは、結婚を機に人生の好転度がまるで逆になったということ。

http://bizgate.nikkei.co.jp/article/142980319.html


2017/09/21

経済入門書作家、経済ジャーナリスト 木暮 太一氏


・2006年に、司法試験の制度が変わり、弁護士の資格を取るのが簡単になりました。その結果、いまや弁護士の資格を持った人があふれています。

・弁護士の時給は相変わらず高いですが、ライバルが増えたために、仕事を取れる人が減っています。(引用終)

← この筆者がマルクスを援用しているところが、全く気に入らない。

22 September 2016


お二人ともダニエル・パイプス先生と関わりがあり、もちろん、天敵でした。ノーム・チョムスキーについては、院生の頃、論文を読まされて、スペイン語の分析におかしな点があったので、それ以来、私は信用していませんが、なぜか日本では人気がありますね。

(転載終)

「ノーム・チョムスキー」については、過去ブログのリスト(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/archive?word=%A5%C1%A5%E7%A5%E0%A5%B9%A5%AD%A1%BC)をどうぞ。

では、ツィッター(https://twitter.com/ituna4011)からの転載を以下に。

https://twitter.com/Praises2014/status/910948914118799360


(((Praises2017)))‏ @Praises2014 4 hours ago


(((Praises2017))) Retweeted 斉藤久典


数年前から既にTVスルーしとる 損得勘定で動かずバックにスポンサーの居ないツイッタラー様達の情報発信に支えられている日々、そして日本国の言論の自由に感謝


Lily2‏ @ituna4011 2 hours ago

Lily2 Retweeted (((Praises2017)))


中には損得勘定で動いている人もいるとは思いますよ。用心、用心。


https://twitter.com/Praises2014/status/910945749692641280


(((Praises2017)))‏ @Praises2014 4 hours ago

主に英国メディアと人権団体が壮大に難民について観客の罪悪感を刺激し煽った後の、ドイツ連邦議会選結果 反移民/反イスラムを掲げる政党AfDが3州で初議会入り #AfD


Lily2‏ @ituna4011 2 hours ago

Lily2 Retweeted (((Praises2017)))


ドイツ人は論理性が高いと日本では思われているが、実は、感情的に左から右へと急に動くことがあるから、要注意。


https://twitter.com/DouglasKMurray/status/910878064556552192


Douglas Murray‏ @DouglasKMurray 9 hours ago


The second part of my LA interview with Dave Rubin (@RubinReport) is now available here:https://www.youtube.com/watch?v=Cpapr5C-ams

11:47 PM - 21 Sep 2017


Lily2‏ @ituna4011 2 hours ago

Lily2 Retweeted Douglas Murray


冒頭で、なぜ著書の題名に“Strange"という形容詞を使ったのかと問われて、即座に具体的に応答されているダグラスさん。だから、くどいようだが、「不思議な」と勝手に訳しては駄目なのだ。


Lily2‏ @ituna4011 2 hours ago

Lily2 Retweeted 沼田 健一@大和は國の眞秀場


争点の違いは、地域差からか?在日人口の多い大阪と、被爆者の多い広島と。


Lily2 Retweeted 沼田 健一@大和は國の眞秀場


東京に行く度に、コンビニやレストランの店員がアジア系外国人であることに気づく。


Lily2 Retweeted 沼田 健一@大和は國の眞秀場


「国民」という呼称から「市民」を強調する呼称の政治観の違いに気づくかどうか。市民大学、市民プール、市民公会堂、市民病院、市民公園、市民住宅、等に対して、国立大学、国立病院、国定公園、国営○○.....。規模や資金が全く違うでしょう?


KIYOMORI‏ @kiyomori_aki 2 hours ago


Replying to @ituna4011


朝鮮学校は私立。朝鮮人でも住人なら日本の学校に行けますよ。国か市かの対立じゃなく日本か外国かが対立軸、しかも日本を焦土にする。また市民は市の住人という意味だけじゃないし。

7:02 AM - 22 Sep 2017


Lily2 Retweeted KIYOMORI


コメントありがとうございます。私の書いたことは、特定の話題に特化して焦点を当てたのではなく、このような問題の背景となる政治思潮に対する考察と観察を述べているのです。もう少し、本を読んで勉強してからコメントをくださいな。「市民」という呼称がいつから使われるようになったかご存じ?



KIYOMORI‏ @kiyomori_aki 26 minutes ago


Replying to @ituna4011


朝鮮学校についてなのに特定の話題じゃないって?国立とか市立をか矮小化してますが??あなたのいう市民プールの「市民」なら東京市、京都市、大阪市ができた明治22年でしょうね。

8:06 AM - 22 Sep 2017


Lily2 Retweeted KIYOMORI


全く話の土台が噛み合っていない方とは議論するつもりはなく、この辺で失礼します。ツィッターは匿名ですが、ブログを読んでくだされば、過去10年間の考え方等はご理解いただけるかと思います。私がコメントした「市民」とは、そういう意味では全くないですよ。基本中の基本です。返答はご無用です。


Lily2‏ @ituna4011 32 seconds ago

Lily2 Retweeted Lily2


この人の問題点は、(1)Aさんのツィートをリツィートした私に対して、突然、横から割り込んでコメントしたこと(2)挨拶なしの割り込みだけでも日本文化の礼儀作法に反するのに、自分の思考だけで勝手に批判したこと(3)基本的な知識や教養が欠けたまま、単なる思い込みで行動したこと。以上。


https://twitter.com/ituna4011


暇でツィッターを書いているのではないので、どうぞよろしくお願い申し上げます。コメントする方は、左の日本語ブログその他を閲覧してから、どうぞ。

(転載終)

[付記]

上記の「市民」呼称にまつわる政治思潮については、過去ブログ(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20160126)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20160715)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20160825)をどうぞ。

また、ダグラスさんの著書の題名の訳し方に関して、「不思議な」不採用の理由については、過去ブログ(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170513)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170714)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170715)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170802)を。

ダグラス・マレイ氏に関しては、ツィッターや別のブログに映像紹介もあるので、どうぞ(https://twitter.com/ituna4011)(http://itunalily.jp/wordpress/?paged=2)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/archive?word=%A5%C0%A5%B0%A5%E9%A5%B9%A1%A6%A5%DE%A5%EC%A5%A4)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily2/archive?word=%22Douglas+Murray%22)。連作ベストセラーで人気抜群の英国人作家である。

itunalilyitunalily 2017/09/22 09:12 「初秋」とは、言うまでもなく「立秋(8/7)から白露の前日(9/7)まで」を指すが、秋分の日を明日に控えた肌寒く曇り空の今日、フェイスブックやツィッターを眺めると、何だか自分の心境が反映されていると思って...。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170922

2017年09月21日 アラブ世界の学校教育

久しぶりに『メムリ』を(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/archive?word=memri&of=100)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/archive?word=memri&of=50)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/archive?word=memri)。

アラブ世界における学校カリキュラムの深刻な問題については、過去ブログを参照のこと(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20080515)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20080516)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20080517)。

http://memri.jp/bin/articles.cgi?ID=IA134017


調査および分析シリーズ Inquiry and Analysis Series No 1340

Sep/9/2017

「アラブ世界の学校カリキュラム:今日の状態」

N・モーゼス(MEMRIの研究員)


はじめに


イスラム国(IS)、アルカイダ等のテロ組織が、イスラムの名においてアラブ諸国を含む世界各地でテロ攻撃を行なっている。これから、教育と過激主義のかかわりが注目されるようになった。アラブ世界における学校のカリキュラムがアラブ青少年の組織参加に果してかかわっているのか、それが事実ならどのようなかかわり方をしているのであろうか。


アラブ諸政府は、学校カリキュラムの抜本的変更を内外からせまられている。特に過激主義を奨励し他者を排除する内容を削除し、寛容と多元主義の勧奨内容を導入することが、求められる。アラブメディアは、現代にふさわしい教育改革の必要性を多々呼びかけてきた。著名人やコメンテータ達は、学校のカリキュラムに見られる過激主義と煽動に抗議し、学校がISやアルカイダのようなサラフィ・ジハード運動に同情的な世代をつくりだしている、と主張している。


2016/17年度の学期開始に先立って、いくつかの国で、期待のできるような動きがみられた。つまり、学校カリキュラムの抜本的変更に前向きの姿勢があった。モロッコのモハメド6世国王は、カリキュラムの見直しを命じ、その結果、コーラン記載のジハード関連章句を教科書から削除することが決まった。ヨルダン教育省は、教科書の修正をおこなった。ジハード章句の削除、イスラムのモチーフの入れ換え、女性の姿の入れ換え(ヒジャブ姿からもっと世俗的な姿へ)が含まれる。


このような変更は、保守派イスラム諸党から、猛烈な反対にさらされた。彼等は、このような変更は、西側の要求に屈しただけの話であり。(ママ)国家の民族的宗教的アイデンティティを傷つけるだけと受けとめた。モロッコでは、この反対で削除がくつがえされることはなかった。しかしながらヨルダンでは、保守派の圧力でつくられた委員会が、いくつか訂正のうえ、新しい教科書を認めた。ユダヤの部族バヌ・ナディルとバヌ・カイヌカとの戦争など、イスラム初期の戦いについて、追加したのである※1。


モロッコとヨルダンを除けば、アラブ諸国の大半は、長年躊躇し声も小さかった。2016年のベイルート会議の閉会宣言に、それが反映している。変更は「皮相で体裁をつくろった」だけとし、「平等の市民権に対する認識教育がなってない」と主張したのである。更に、学校は「過激主義と排外主義の文化に対する抵抗力」を持つ世代形成ができなかった、と指摘した※2。


例えばエジプトでは、アル・シシ大統領がカリキュラムの再検討を指示したにも拘わらず、散発的な変更しか行われていない。例えば、過激主義を奨励する話がいくつか削られる程度である。今年になって初めて教育省が、カリキュラムの全面的見直しの意図を発表した。サウジアラビアは、ムスリム同胞団の創立者と幹部の著書の多くが排除されたにも拘わらず、教育省は、リベラリズム無神論が国家の安全保障上ナンバー?の敵であると発表している。過激イスラムより上である。


本報告は、過去2年間にアラブの新聞に掲載された報告と記事を紹介し、アラブ諸国の学校カリキュラムの状況を検討するものである。


我々のカリキュラムは時代遅れ、改革が必要―アラブ諸紙の主張


前述のようにアラブ世界では、学校カリキュラムに対し厳しい批判がある。特にテロリズムと過激主義を奨励する点に批判がある。批判と共に、カリキュラムの根本的改革の必要を強調する声がある。

ヨルダン紙Al-Dustour会長ダオウディア(Muhammad Daoudia)は、ヨルダンの元閣僚であるが、次のように書いた。

我々は17世紀にいる。我々の敵によれば、我々はあの暗い時代と同じ時にいるのだ…我々の弱点は、自由と名誉を獲得し、我々の地我々の聖所を解放しようにも、中世のどん底からはいあがることができないことにある。道ははっきりしている。教育改革が必要である。現代の科学における進歩発展に合わせなければならない。科学教育は…学校によっては礼拝の授業に代えられる。これが現状だ」。


ダオウディアによると、アラブ世界は立派な調査センターをもっているが、勧告を履行しない。更に質の高い立派な大学は、富裕な湾岸に存在し、「シリア、イラク、マグレブ、スーダン、イエメンのような住民が後進性と迷信から脱去する必要のある地域には、存在しない。これは、アラブ民族が昏迷状態で生き続けることを意味」する。「我々は教育改革とカリキュラムの改善発展を必要とする。(我々は)芸術、哲学、現代科学を教育し、創造性、批判的科学的思考、対話の方法を(発展させ)、他者を受入れる教育をしなければならない…」とダオウディアは強調した※3。


2017年5月リヤドで開催されたアラブ・イスラム・アメリカ対テロ首脳会議には、トランプ大統領、サウジのサルマン国王が出席した。この会議の後、クウェート大の法学部講師アル・イッサ博士(Shamlan Yusuf Al-‘Issa)が次のように書いた。

「求められるゴール(テロとの戦い)を達成するため、我々は具体的にどんな行動をとったであろうか、もっと正確に言えば、我々は宗教に関する学校カリキュラムを見直したのであろうか」、「いくつかの湾岸諸国では、宗教カリキュラムは擬古体で狂信的言葉で書かれている。現代の我々の生活の現実とは相容れない内容であり、現代世界の教育にふさわしくない。湾岸諸国の主たる味方である西側に対し、あからさまな憎悪を煽っている。カリキュラムにみられる過激主義が、いくつかの国で過激宗教組織を生みだし、この国々を含む諸国で攻撃志願者をリクルートする結果を招いている…他者を否定し、ジハードを呼びかけ、アッラーのために死ぬとか、イスラム宗教的訓戒に反対する者とは戦えといった言語、女性不信の言語をカリキュラムに含めているのは、論理的に正しいことなのだろうか。


湾岸地域における今日の宗教論議は、アラブ及び国際環境の中の変化を受入れることができない。学生がツァイトガイスト時代精神)を受入れ、科学に関心を抱くようなことをしていない。同じようにムスリムが他者を憎悪し、不信心の徒などと糾弾することなく、他者と科学や文芸で競い合えるか。現段階では全く不明である。


問題は、低迷と宗教的過激主義から脱却するため、現状をよしとする聖職者と教師の首に、誰が拍車をつけられるかである…」※4。


モロッコの評論家ナシード(Said Nasheed)は、アラブがテロとの戦いに負けている理由のひとつが、政権の消極性であると指摘する。カリキュラム変更の勇気に欠けるという。ロンドン発行のアラブ紙Al-Arabに、次のように書いている。

「これは疑う余地がない。我々はテロとの戦いで敗北寸前のところにある。戦う前から負けることが判っていた…もっと悪い。我々は実際に立上った時、全く逆のことをやっているのである。我々がカリキュラム特に宗教カリキュラムの改定をしようとする度に、過激派が怒声を浴びせ威嚇する。すると我々は恐怖に身を震わせ、古いものよりもっと悪いカリキュラムをつくるのである。内紛を避けるためである…」※5。


カリキュラムからコーランのジハード章句削除を命じたモロッコ国王


モロッコでは、過激思想とISに対する同情が急速にひろがっている―1,500人を越えるモロッコの若者がこの組織に加わっている。モハメド6世国王は、教育及び宗教相に、公立学校だけでなくすべての学校の全教育システムの徹底的調査を命じた。モロッコの新聞は、国王が「公立私立学校及び伝統的な教育機関における、イスラム学習カリキュラムの再検討を命じ、穏健なイスラムの価値観をベースとする教育の重要性を大いに強調した。更に国王は、スンニ派イスラム中道(ワサティヤ)をいくマリキ派、穏健、寛容、すべての文化との共存を強調した」と報じた。国王は、教育システムを検討する2016年2月6日開催の政府協議に参加している※6。


国王の命令は、内外の圧力の結果である。モロッコのメディアによると、イスラムのカリキュラムが過激傾向を助長し、テロリズムを奨励するという問題が、次第にとりあげるようになった※7。2015年11月のパリ攻撃の後、メンバーに知識人市民運動家を含むバイト・アルヒクマ組織が、「我々を脅威におとしいれる恐れのある危険を理解し…イスラム教の学習を含め、イスラムやほかの学校に対する間違った理解の仕方を与えるカリキュラムの排除」を政府に呼びかけた※8。


モロッコのニュースウェブサイトAlyaoum24.comの編集長ブーアシリン(Taoufik Bouachrine)も、モロッコのカリキュラムを批判する。8歳になる自分の娘の宿題(イスラム学習)に、「どの宗教書が間違っているか」という質問で、詩篇、トーラー、福音書、コーランから選ばせる内容があった。編集長は「8歳の子供に宗教を比較させる必要があるのか。さまざまな宗教の歴史にみられる複雑な問題を簡単に割切ってよいのか」と疑問を呈し、問題はカリキュラムだけではない。湾岸の宗教テレビチャンネル、数々の説教、ファトワ、そしてYouTubeのプログラムが問題である、と指摘する※9。


国王の命令がでた後、2016/17年度の学期に先立って、教育省は、カリキュラムから、ジハードと戦闘に関するコーランの章句及び章(第48章を含む)を排除し、寛容と自由を強調する内容に変えた※10。いくつかの報道によると、教育省はカリキュラムからイスラム学習を完全に排除し、“宗教学習”に変える意図であるとした。しかし、この報道は教育省が否定した※11。


たといこれによって喜ぶものがいたとしても、この動きは、イスラム及び非イスラム双方から批判された。問題の根は、コーランの特定章句や章をカリキュラムから排除するだけで解決するわけではなく、その内容を生徒に説明し解釈してやらなければならない。ソーシャルメディアモスクそしてメディアで伝えられる意図的解釈や説明に対応できる手段を持たせることが、大切である。


モロッコの与党正義発展党は性格上イスラムであるが、党のアル・アイニン(Amina Maa Al-Ainine)は、次のように主張する。

ジハードやユダヤ人等の取扱いに関するコーランの章句を無視し、生徒にこれを隠しさえすれば、テロリストの思想のルーツを駆逐できると考えるのは、皮相である。生徒はコーランをいつでも読めるし耳にもする。我々が生徒と一緒にコーランを読み正しく説明しなければ、明日にでも、テレビチャンネル、ウェブサイトその他、破壊的思想をたたきこむさまざまなものの餌食になってしまう」※12。


宗教教材の修整は“カリキュラムの世俗化”―ヨルダンで起きた抗議


ヨルダンでは、教育システムのオーバホールと、死を讃美し過激主義と他者憎悪を奨励する教科書のカリキュラムの見直し作業を、2015年に大半終えた、と発表があった。しかし、どこをどう変えたのかは明らかにしていない。当時ヨルダンの教育相であったティネイバト(Mohammad Thneibat)は、アラブ、イスラム、歴史そして市民問題のカリキュラムが見直されたとし、新しいカリキュラムに、ほかの宗教、ムスリムキリスト教徒関係について記述が加えられたと言った※14。


ソーシァルメディアを含むメディアの報道によると、カリキュラムのフォームと内容が見直された。例えば、コーランの章句を含む宗教々科書は排除され、或いは技術又は文芸の教科書に変えられた。ヨルダンの宗教人口については、従来のカリキュラムでは、ムスリムだけの国とされていたが、今度初めてヨルダンのキリスト教徒社会の存在が認められたコーランの章句とハディースの暗記も削除された。更に伝統的なムスリムの名前は、現代風の名前に変えられ、モスクと宗教上の容姿(男性が髭をのばし、女性がベールをつけるなど)も排除された※15。



第6学年社会の教科書「共存」と題する章では、モスクだけの写真(左)がモスクと教会の写真(右)に入れ換えられた(Source: sawaleif.com, September 4, 2016)



第1学年の教科書。ヒジャブ姿の女性教師の写真(左)がベールなしの教師の写真(右)に入れ換えられた(Source: sawaleif.com, September 4, 2016)


ヨルダンでは、カリキュラム変更が、保守層、教師及び両親の間に激しい反撥を起した。教師組合は、その多くは、ムスリム同胞団のメンバーで、改革前からほかの理由で教育相とは緊張関係にあったが、カリキュラム改革を“忍耐の限界を越えた”と見なし、教育相の解任を求めた※16。組合が出した声明は、改革を災難と呼び、伝統的な教科書を“内容空疎な西側の教科書”に変え、“我々の民族的カリキュラムを傷つけた”と主張。教育相と改革チームを非難した。教師組合は、「アラブ/ムスリム・ヨルダン国民はあらゆる方向から危険にさらされている。その一つの世代を傷つける政治的指示を受入れ、それに屈従するのは、最も屈辱的なことである。精神力をつけ、自信を与えてくれるものが奪われたのである」とも述べている※17。


教師と生徒は全国で改革反対のデモを展開し、“カリキュラムの世俗化”に抗議した※18。ヨルダンのニュースウェブサイトは、両親達が改革に不満で、「シャリアをカリキュラムで過小評価し、生徒から遠ざけるのが、改革といえるのか」と主張した旨伝えている※19。


教育相は、抗議の波を静めようとして、問題の見直しを委員会に伝えた※20。アル・ムルキ首相(Hani Al-Mulki)もこの問題について、「カリキュラム変更の主旨は、民族及びイスラムの価値観を保持しつつ、内容を発展させることにあるが、この価値観を傷つけることが証明されれば、政府は撤回する」と述べた。2016年11月14日、ヨルダンのメディアは、教育相を議長とする教育評議会が、新しい教科書の評価委員会の結論を受入れたと報じた。その教科書には、議論を呼んでいたイスラム及びアラブ学習が含まれる。委員会は、「学習内容が教育省の教育哲学イスラムの価値観」に合致しているとしたが、補筆を勧告した。学習用教材として、適当なコーランの章句の追加、ユダヤ人部族バヌ・ナディルとバヌ・カイヌカとの戦いを含むイスラム初期の戦争も追加するのである※22。


このような変更にも拘わらず、ヨルダン王国の保守層は抗議を続け、2014年のカリキュラムに戻るように要求している。記者会見で、ムスリム同胞団の議員団と同胞団のイスラム行動フロントは、カリキュラムの変更は「外国の指示に屈することである」と主張、その支持はヨルダンとイスラム国家としてのアイデンティティ破壊を狙ったものである、と主張した。イスラム行動フロントの幹部は、この変更を元に戻すべく教師達に戦えと発破をかけた※23。


問題の根源に触れぬ微調整―エジプト


エジプトのアル・シシ大統領率いる政権は、宗教論議を再開し、過激主義を叩く呼びかけの一環として、カリキュラム見直しの旗を掲げた。しかし、大きい抵抗に直面し、たちまち行き詰まった。主として宗教団体であるが、市中の住民も反対した。その住民の大多数は、伝統的なのである。これまで沢山のカリキュラム再検討委員会がつくられた。アル・シシ自身が率いたものもいくつかあるが、どれも結果をだしていない。


2017年8月、エジプトの教育省が、「カリキュラムの抜本的見直しと発展、更新を目的とする総合計画」の樹立意図を発表した。教育省のカリキュラム開発センター長シャビラ博士(Nawwal Shalabi)によると、今回、カリキュラム決定のガイドラインがつくられつつある由である※24。


エジプトの教育に何が必要かという大所高所からガイドラインをつくるというので、今回のアプローチは、取組方が違う。以前は、特定個所を削除するだけであった。例えば2015年3月、教育省は、「全学年レベルに対するアラビア語のカリキュラムの修正を枠組として」、暴力と過激主義を教唆する話、そして政治或いは宗教的内容を削除するとされた。サラーフ・アッディーンやウクバ・ビン・ナファといったイスラムの偉大な軍事指導者の征服話もその中に入る※25。


2016/17年の学期に先立って、教育省は3学年のアラビア語カリキュラムから「鷹の末路」という話を削除するように命じた。鷹と鳥達の戦いで、鳥達は郷土を愛する者を象徴し、鷹はその敵で、激しい戦いの末、鳥達が勝利する。そして、命乞いする鷹を無視して、焼き殺す※26。「子供達に、人間を生きながら焼き、報復する考え」を植えつけるとして、削除された※27。


抜本的な点検を避け、カリキュラムの部分的削除するアプローチは、大変批判された。殆んどは非難である。このやり方では、百年河清を待つ如しという声があった。例えば、アラブ首長国連邦系のロンドン発行紙Al-Arabは「アナクロニズムである。(生徒に)タクフィル(個人を不信人者と決めつける行為)を勧めるも」と書いた。つまり、依然としてほかのムスリムを異端視する。更にこの記事は、たとい「エジプト政府が、さまざまな状況下で宗教議論の再開願望を表明しても、ジハード、奴隷、タクフィル、犠牲(いけにえ)を正当化する学校カリキュラムを問題視しない。このような内容は公立学校とアズハルでも教えられているのである…」と指摘した。


この記事によると、カリキュラムには、過激主義を奨励し、暴力と他者憎悪を助長する教科と話が含まれている。学習教材の一部について相当の抗議が効を奏して、内部がいくらか変えられた。しかし、カリキュラムの多くは、奴隷、ズィンミー(保護民)、ジズヤ(人頭税)など非ムスリムに対する扱いや、イスラムを放棄したムスリムに対する死刑などを含めている※28。


カリキュラムに含めたテキストで批判を呼んだ例のひとつが、小説「おおムスリムよ」(Wa-Islama)である。第10学年のアラビア語学習の一部で、中世エジプトのスルタン(Saif Al-Din Qutuz)と十字軍との戦いである。スルタンの甥がモンゴルのジンギスカンの息子を捕えて首をはねるなど、暴力内容がいろいろある。エジプトで育ったインドネシア人(’Ali Ahmad Bakhtiar)が書いた小説。初版は1945年で教育省の賞も貰っており、1966年以来エジプトのカリキュラムに含まれている。劇や映画にもなっている。


2017年1月、エジプトのムニル国会議員(Mona Munir)が、この小説をカリキュラムにある過激主義テキスト例として指摘し、教育省に学習教材の変更、開発を求めた。教育相に対する質問で、議員は次のように書いている。

「これは、IS(イスラム国)の虐殺話ではなく、エジプトの第10学年生徒(のカリキュラムに)含まれている話である。テロリズムと戦う国として世界に宣明している国の教材なのである…大人は自分の好きなものを読めるだろう。しかし学校のカリキュラムは道理を教え、郷土に対する帰属意識を涵養しなければならない。それがどうであろう。少年が人々の首をはね、その頭蓋骨、生首をもてあそぶ。首が空中を飛び血しぶきがあがっても、平然としている少年に学べというのが、カリキュラムの主旨である。生徒が試験で、話の主旨と違う解答をすれば零点となる…。私達の間で暴力と過激主義が荒れ狂っている今日、エジプトのカリキュラムはこれに対処できるように変更しなければならない…」。ムニルは、別の機会に、「我々は技術と情報革命の時代に生きている。子供達に何故剣や槍の話を教えるのか…」と言った※30。


エジプト紙Al-Watanコラムニストであるアル・モンタッサー(Khaled Al-Montasser)は、この話について同じ主旨のことを述べ、「これは、(アルカイダの指導者・故)ザルカウィによって作られた脚本ではないし、ISの虐殺の話ではない。テロリズムと戦う国と世界に宣明しているエジプトが、第10学年カリキュラム用として承認した話である…子供達の頭と心に叩きこむ必要がある英雄的行為というわけである…。

私は、アル・シシ大統領に質問がある。IS的(教育)大臣が、エジプトの学童数百万を(IS指導者)バグダディの後継者として養成中というのに、宗教論議の再開とは、一体どういうことか…我々の公立学校とアズハル系学校は、IS類似の世代を養成しているのである。このような状況で、文明教化、進歩、思考の革新が出来るのであろうか…子供達が血に心を奪われた時、どの国であっても進歩発展はない…」と主張した※31。


2016/17学期の第10学年用教材「おおムスリムよ」・エジプト教育省版(Source: elearning1.moe.gov.eg)

ムニルが「おおムスリムよ」を教材から削除するように求めたところ、議会の教育委員会で激論となった。議員のなかには、この本は何年もカリキュラムに含まれており、テロや過激主義を奨励したことはない、と主張した者もいる。ヒジャジ議員(Ibrahim Hijazi)は、「私はこの本を学んだが、テロリストや過激派にはならなかった。ほかにもそのような人が沢山いる…」と主張した※32。


教育省のアラブ学習顧問シャラビ(Ahmad Shalabi)は、「政府が委員会をつくった。カリキュラムに含める教材を決めるのである。この小説は全章削除が決まった。ほかに暴力を含むもの、誤解される可能性があるものも、然りである」と言った※33。それにも拘わらず、エジプトの教科書に関するオンラインTa`limakウェブサイトは、「今年、この小説には全然手が加えられなかった」と書いた。この小説はウェブサイトに掲載された。教育省のサイトからとった由で、2016/17年度学期の教材リストにのっており、議論のまとになった暴力場面もそのままという※34。


エジプトの教育省幹部アル・ハビリ(Mahmoud Al-Khabiri)は、すべての地区の教育管理局々長に、ムスリム同胞団とイスラム革命に関する文章、本をすべて教材から削除するように指示した。暴力の教唆個所も然りという。この指示を破る者は罰されるとしたが※35、カリキュラム改革というよりは、ムスリム同胞団とイランに対する政治的敵意に起因していると考えられる。


宗教過激主義、憎悪のカリキュラム排除の呼びかけ―サウジアラビア


サウジアラビアでは、IS支持者によるテロ攻撃が何回か起きた後、サウジの議員とジャーナリストが、カリキュラムの見直しを呼びかけた。王国でIS支持が増えているのは、一部にはカリキュラムに原因があるとみている。シュー評議会安全保障委員会のアル・サドン委員長(`Abdallah `Abd Al-Karim Al-Sa`doun)は、「正しいこと間違っていることを識別できる批判的思考能力が必要で、その能力を有する穏健且つバランスのとれた人間の養成」のため、新しいカリキュラムをつくるよう、教育省に求めた※36。シュー評議会メンバーのアル・ゲィツ(`Issa Al-Gheith)は、「すべての煽動過激派の学校、大学、説教壇、モスク、ソーシァルメディア、そして特に、生徒の心を意のままに形成する手段を過激派に与えるカリキュラム」を排除せよと呼びかけた※37。


サウジの政府系新聞では、数名のコラムニストが同じ主旨の話を書いた。Al-Watan紙でアルシュライミ(Ali Al-Shuraimi)は、サウジの学校のカリキュラムが、他者に対する憎悪を吹きこんでいるとし、「我々が抱える問題の主たる原因のひとつは、我々が子供達に与える教育法と質である…子供達は、試験に通るため、教材をそっくりまねるだけである。我々の子供達は、沢山の疑問を避けて成長する科学と哲学の課題は、カリキュラムで排除され、沢山の禁止で制限されており、子供達はこの分野の討議を恐れている。(過激主義の)問題が発生する原因は多々あり、カリキュラムはそのひとつにすぎない。しかし、それを修正し変更することで、人種主義と過激主義のレベルを低めることはできる。選択の余地はない。宗教カリキュラムを再検討し、宗教的過激主義…そして異なる宗教或いは宗派に対する憎悪を排除しなければならない。我々はジハード(聖戦)の概念を再検討しなければならない武力の戦いは、国と国民に対する攻撃に限定することだ」と主張。更に、教材には、ほかの宗教の紹介、人種の価値観と寛容そして倫理観をベースとした本を含めるべきで、「国内の事情に対処し、現代の進歩発展に遅れをとらず、更に過激主義と殺しの思想を寄せつけぬために、カリキュラムの再検討と開発が課題である」と結んだ※38。


同じAl-Watan紙ではアル・アリ(`Abir Al-`Ali)が、教育省に「カリキュラムに“アッラーのためのジハード”という文言が何回でてくるか算えて欲しい。そして、何故そんなに沢山あるのか、理由を説明して欲しい。国が政治的野望を抱き不和反目を増長している者と戦い、周辺諸国では血みどろの紛争が続いている時に、何故そのような教材を使うのか。我々は新しい教育方式を導入しなければならない。死を讃美し、他者に対する憎悪を助長するのではなく、合理的思考とベースにしたものにすべきである。市民権の概念を植えつけ、故国の利害を教え、まず守らなければならぬのは故国であることを、理解させなければならない…と提唱した※39。


現代的認識は、国家の安全保障第一の敵―サウジ教育省の見解


サウジ教育省は、これまでさまざまな対策をとってきたが、過激主義と戦うための、明確且つ統一された総合政策はまだ策定されていない。2015年12月、教育省は、学校図書館及び教育センターから、ムスリム同胞団の創始者と主たるイデオログが書いた本の排除を再度指示した。サイード・タッタブ、ハサン・アル・バンナそしてカラダウィの著書を含む※40。9/11事件の後2002年に類似の指示がだされたが、全面実施には至らなかった。その時の指示は、対ムスリム同胞闘争上の政治的要請が背景にあった。


実際のところ、教育省がとった対策は、カリキュラムの穏健化の試みを無視しているように思われる。2016年に教育省が導入したプロジェクトは、「国の価値観を固め、過激思想破壊的思考に対処し、過激行動に走る学生を探知し対処する」ことを目的とする一方、サウジアラビアの国家安全保障に対する最大の脅威は、「現代的認識、欧米化、無神論リベラリズム世俗主義であるとし、タクフィル過激派集団(ISやアルカイダなど)と党派及び宗派の脅威は、それに比べると小さいとした※42。更に、公立学校における教育方法も殆んど変っていないようである。2015年7月には、教育相アル・ダキル(Azzam Al-Dakhil)が、公立学校にコーラン丸暗記授業を導入するとの決定を発表し、リベラル派が「これでサウジの教育は何十年も後退し、科学より宗教を上におく過激世代をつくりだす」と猛反撥した※43。


カリキュラム見直しを避けるクウェートの教育機関


クウェートも、カリキュラムの基本的改変をやっていないように思われる。政府は、この問題を真剣に扱わず、カリキュラムは寛容と他者に対する尊敬をベースにすべきと、漠然且つ一般的な話をするにとどまっているようである※44。2016年6月、クウェート教育省イスラム教育の専門家監督官アル・メスバー(Jassim Al-Mesbah)が,教育省は第2学年から第6学年までのイスラム・カリキュラムの改定を終了し、次年度から上級学年のカリキュラム改定に着手する、と発表した。翌月、アル・イッサ教育相(Badr Al-‘Issa)が、2016/17年度学期から中等学校の新カリキュラム導入を命じた。「寛容、他者の尊敬、過激主義の根絶をベースとする」内容という。教育次官アル・ハルビ(Sa`id Al-Harbi)は、「ゴールは生徒にレベルの高い基本的スキルを教えることにある。クウェート社会の価値観を身につけ、それに従い、他者と人権そして自由を尊重し、平和と寛容の価値観を大切にする、良き市民の育成が狙いである」と言った※46。


この変更の本質が何か、まだ不明である。そもそも教育省の役人達が真剣に取り組んでいるのかどうかが、はっきりしない2016年7月、国会議員の質問に答えて、アル・イッサ教育相は「イスラム学習カリキュラムは、過激主義奨励とは何の関係もない。逆である。このトピックに関する科目は、宗教における寛容とヒューマニズムの価値観を促進し、平和、寛容、多元主義共存、他者にたいする尊敬を呼びかけている」と言った※47。教育相は別の機会に、過激主義が意識にあり或いは現実に行使される中東及びその他の地域で、カリキュラム改定は避けられないとしながらも、「しかし、クウェート及び湾岸の我々は、人権と尊厳の政策を実施し、我々の学校ではこれに従って子供を育てている。子供達がメディアで見るのは、学校で学んでいることと矛盾するということである」と言った※48。


カリキュラムの主な変更の実施に関する不満足な状態は、アル・メスバーの反応にある。アラブ数ヶ国においてアメリカ大使館が学校のイスラム・カリキュラムの全体的枠組みを決めたとする報道に関して質問され、アル・メスバーは「我々は自身で見たわけではない。しかし、いくつかのイスラム国家では、私が協定批准について読んだところによれば、本当かも知れない。一般的に言えば、グローバリゼーションが存在し、それが支配的である。それは、イデオロギー、文化、政治及び軍事上の押しつけを意味する…これは新しい植民地主義である…権威を押しつける行動がある…(アラブ及びムスリム諸国のなかには)世俗とリベラルを奉じる者がいて、イスラムを望んでいない」と言った※49。


予期されたように、これが国で議論を呼んだ。リベラル派クウェート人ジャーナリストのアル・サッラフ(Ahmad Al-Sarraf)は、クウェート紙Al-Qabasで、カリキュラム見直しを決めたモロッコを称讃し、クウェートが同じことをやるのはいつであろうか、と疑問を呈した。「我々の番がくるのはいつか」と題し、次のように書いた。

「我々のカリキュラムは、クウェートの教育相が主張するように、テロリズム、殺害、ジハードの勧奨と、他者殺人が許されるといったことに関係のない、潔白なものであろうか。答ははっきり言ってノーである。教科書も(現場の)人間も潔白ではない。政治化した教師は、子供達の認識を形成するうえで危険な存在である。不思議なことに、宗教省はモスクの説教師達に、特定のトピックを論じてはいけないとか、政治に関わるなと指示したが、教師には警告が一切だされていない。(たとい)教師連合が随分前から親ムスリム同胞団思想の拠点とみなされていてもである…数日前、学生達が治安部隊と対峙し、隊員とスマートフォンのカメラの前で、IS(イスラム国)の旗を振り、その国家を歌った…このように振舞えるのは、彼等が自分達は最強と知って、或いは考えているからである…」※50。


クウェート大学教授アル・ハッティブ博士(Ibtihal Al-Khatib)は、リベラルな世俗派の活動家であるが、学校での宗教々育を廃止するように求め、宗教学習は「ほかの宗教の権利抑圧」にあたるとし、中立的な教育学習の導入を求めた。彼女によると、「クウェートの学校は、イスラムから離脱する者に対する死刑を、今でも教えている。我々は、多くの人が宗教を変えるオープンな社会に住んでいるにも拘わらず、学校ではそう教える…更に、女性観も間違っている…暴力を教唆煽動する粗暴な教材もある…」と述べた※51。


[1] Hawajordan.net, November 14, 2016. バヌ・ナディルとバヌ・カイヌカはアルマデイナに住むユダヤ人部族ムスリムの伝統によると、預言者ムハンマドを裏切り、本人と交わした協定を破り、そのためムハンマドが追放したという。

[2] Al-Ghad (Jordan), March 7, 2016.

[3] Al-Dustour (Jordan), August 16, 2017.

[4] Al-Ittihad (UAE), July 2, 2017.

[5] Al-Arab (London), December 27, 2016.

[6] Maghrebalaan.com, February 7, 2016.

[7] Maghrebalaan.com, February 7, 2016.

[8] Lakome2.com, November 19, 2015.

[9] Alyaoum24.com, March 1, 2016.

[10] Hespress.com, July 8, 2016.

[11] Mamalakapress.com, July 1, 2016.

[12] Kifache.com, July 8, 2016.

[13] 次を参照:MEMRI Inquiry & Analysis No. 1211, In Light Of Jordanians Joining Terrorist Organizations, Calls In Jordan To Reform Curricula, December 14, 2015.

[14] Al-Ghad (Jordan), August 24, 2016.

[15] Al-Ghad (Jordan), August 24, 2016; arabi21.com, August 19, 2016; sawaleif.com, September 4, 2016; Al-Sabil (Jordan), September 18, 2016, October 5, 2016, February 4, 2017.

[16] Al-Sabil (Jordan), September 17, 2016.

[17] Al-Sabil (Jordan), September 18, 2016.

[18] Al-Ghad (Jordan), September 30, 2016; Al-Quds Al-Arabi (London), October 1, 14, 2016; Al-Sabil (Jordan), October 6, 2016.

[19] Sawaleif.com, September 4, 2016.

[20] Al-Ghad (Jordan), September 11, 2016; Al-Sabil (Jordan), October 1, 2016.

[21] Al-Ghad (Jordan), October 9, 2016.

[22] Hawajordan.net, November 14, 2016.

[23] Al-Sabil (Jordan), February 4, 2017.

[24] Elwatannews.com, August 25, 2017.

[25] Al-Masri Al-Yawm (Egypt), March 18, 2015. サラーフ・アッディーン(1137-1193)はアッユブ朝の開祖。エジプトとシリアを支配し88年間支配下した十字軍の手からエルサレムを奪った。ウクバ・ビン・ナファ(622-683)はウマイヤド朝下の北アフリカの知事。ビザンチン帝国の北西領域を相当占領した。

[26] Mwlana.com, February 25, 2017.

[27] Dotmsr.com, March 1, 2017.

[28] Alarab.co.uk, September 27, 2016.

[29] Moheet.com, January 29, 2017.

[30] Anbaaaldelta.com, February 10, 2017.

[31] Al-Watan (Egypt), November 19, 2016.

[32] Al-Yawm Al-Sabi' (Egypt), January 29, 2017.

[33] Al-Yawm Al-Sabi' (Egypt, January 29, 2017.

[34] Ta3lmek.com.

[35] Masralarabia.com October 12, 2016.

[36] 'Okaz (Saudi Arabia), June 25, 2016.

[37] Al-Watan (Saudi Arabia), June 25, 2016.

[38] Al-Watan (Saudi Arabia), July 5, 2016.

[39] Al-Watan (Saudi Arabia), June 28, 2016.

[40] Alaraby.co.uk, December 12, 2015.

[41] Al-Hayat (London), April 28, 2014.

[42] Makkah (Saudi Arabia), October 28, 2016. 本プロジェクトに関しては次を参照:MEMRI Inquiry and Analysis No. 1288, Saudi Education Ministry Project To 'Inoculate' Schoolchildren Against Liberalism And Secularism Causes Furor In The Country, December 13, 2016.

[43] Arabi21.com, December 2, 2015.

[44] クゥエートにおける2004年のカリキュラム論争は次を参照:MEMRI Inquiry & Analysis No. 224, The Public Debate on Kuwait's School Curricula: To Teach or Not to Teach Jihad, June 1, 2005.

[45] Alanba.com.kw, June 16, 2016.

[46] Kuna.net.kw, July 4, 2016.

[47] Kna.kw, July 12, 2016.

[48] Gulf-24.com, September 19, 2016.

[49] Al-Rai (Kuwait), September 4, 2016.

[50] Al-Qabas (Kuwait), July 16, 2016.

[51] Alshahedkw.com, September 24, 2016.

(引用終)

itunalilyitunalily 2017/09/21 11:16 (https://yoshiko-sakurai.jp/2017/09/21/7031)

・留学生を介しての核技術拡散の危険である。国連安全保障理事会は昨年、北朝鮮の国民に核やミサイルなどの専門的教育を施すことを禁じたが、現在も数百人の北朝鮮科学者が国外に留学中で、多くがハルビン工業大学など、中国の大学や研究所に在籍しているという。

・「強い反対があっても、時間が過ぎてみると、成程、必要だったんだと納得してくれる。戦後日本はこの繰り返しですね」

民進党の議員や朝日新聞に聞かせたいコメントである。

(部分抜粋引用終)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170921

2017年09月20日 ここに集約される

まずは、フェイスブック(https://www.facebook.com/ikuko.tsunashima)の転載を。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDC19H2B_Z10C17A9EE9000/


三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長は19日、国内の事務作業の自動化やデジタル化で「9500人相当の労働量の削減を実現したい」と明らかにした。(引用終)


← 私事で恐縮だが、平野信行氏からは亡父の葬儀に供花をいただいた。

https://www.nikkei.com/article/DGXLZO21246630Z10C17A9NN1000/


社会保障や教育にどうお金を回すかに焦点(引用終)


← 第一、政府にもたれ過ぎる甘ったれが増えたせいだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS19H24_Z10C17A9MM8000/


・自治体の大半は戸籍を電子化しており、法務省は大規模災害に備えて戸籍の副本をバックアップデータとして保存

婚姻届の提出や児童扶養手当請求手続きなどの際に、本籍地の自治体に出向いたり、郵送の手続きをとったりして戸籍証明書を取得する手間が省けるようになる(引用終)


← 本籍地やマイナンバーの意味が、ますますわからなくなった。「本籍地は日本中なら、どこに置いても良い」と言われるが、通常は先祖代々の系譜がわかるような住所にするだろう。ところが、大学の職員宿舎をまるで自分の終の棲家であるかのように考えて、その住所を本籍地にしていたのを見たことがある。ここまで馬鹿な事例は、最初で最後にしたい。


[追加]

「戸籍には親族や夫婦関係、本籍地などプライバシー性が高い情報が含まれる。」(引用終)


← 戸籍は大切な記録書類であって、無闇に開陳するものではない。だが、親族や夫婦関係や本籍地の何がプライバシーなのか?誰と誰が婚姻関係にあり、どの家とどの家が名字が違っても親戚関係にあるか、どの地域のどの町村で生まれ育った人なのか等、社会生活を営む上で、相互に知っておかなければ失礼に当たる事例は、枚挙にいとまがないのでは?

← 数年前まで、自分の出身地や出身校や家族関係を説明することに、どういうわけか卑下して隠さなければならないかのような感情を、私は外側から押し付けられていた。むしろ、全体から見たら日本の平均値を上回っているはずなのに、良識を持って健全な国民生活を送ってきたはずなのに、なぜなのか?

ユーリ:学部の卒論で上京した頃は、カードで探していた記憶があります。歳は取るものですね?

ユーリ:2014年4月に私もイエール大学へ行き、朝から閉館まで神学部図書室にこもって、大量の資料を目を皿のようにして広げ、付箋を貼ったり、デジカメで写真を撮ったり、昼食抜きで夢中になって過ごしました。

ユーリ:便利になったものです。但し、目が疲れ、神経が休まらなくなりました。カード時代には、図書館で箱に並べた手書きやタイプ打ちを見て、時間をかけて作業された方の顔を思い浮かべたものです。偉い先生もご覧になったんだわ、とワクワクしました。パソコンには、その感動がありません。

(転載終)

「2014年4月に私もイエール大学へ行き」に関する詳細は、過去ブログ(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20140524)をどうぞ。

久しぶりに、保守派を名乗る読書好きな方のブログ(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/archive?word=http%3A%2F%2Fconservative.jugem.jp)から抜粋を。

http://conservative.jugem.jp/?day=20170917


2017.09.17

Rediscovering Americanism and the Tyranny of Progressivism


・アメリカ主義と進歩主義による専制の再発見、と題される本書は、たゆまぬ信念で全米に保守主義を啓蒙する言論人、マーク・レビンの最新の著書


・生命、自由、そして幸福の追求を人々の神から与えられた権利であるとし、その権利を守るために英国から独立して政府を樹立すると謳った独立宣言、そしてその政府を樹立するための法的枠組みを記した合衆国憲法、これらに凝縮された精神をレビン氏は「アメリカ主義」と。


・アメリカ主義とは米国においては伝統的な保守主義のことである。


保守主義とは米国建国のルーツそのもの(アメリカ主義)なのだということを示し、一方で保守主義・アメリカ主義に対する多方面からの攻撃が歴史的にどこからやってきたのかを解き明かすのが本書の目的


・レビン氏はアメリカ主義の根本は西洋文明の起源に遡るとしている。アリストテレス、キケロ、ジョン・ロック、シドニー、エドマンド・バーク、モンテスキュー、アダム・スミスといった人々の語った言葉を引用し、個人の自由と道徳は神が人間に与えた至高のものであるとする自然法こそがアメリカ主義の理念の源流であるとしている。


・アメリカ主義と対立する進歩主義はヨーロッパで育まれた。ルソー、ヘーゲル、ロベスピエール、カール・マルクスといった人物進歩主義哲学的基盤を作った。そしてそれは19世紀にアメリカに輸入され、ハーバート・クローリー、セオドア・ルーズベルト、ジョン・デュウィー、ウッドロー・ウィルソンといった言論人、哲学者、政治家によって徐々にアメリカにも浸透していった。進歩主義が敵視したのはまさにアメリカ主義とその源流である自然法であった。


・アメリカ主義が消極法(negative law)を重視する一方で進歩主義は積極法(positive law)を推進。


・消極法とは「政府はこれこれをしてはならない」と政府の領域を限定し、同時に個人の領域を守るものである。積極法は「政府はこれこれをするべきである」と政府の領域を限定せず拡大を促進し、ひいては政府・官僚機構の肥大化、自由喪失、専制へとつながるものである。


・人間の自由と生命は神が与えたものであり、神聖にして侵害してはならないという概念を普遍的な真理であるとする自然法、そしてその自然法を国家として成就させたアメリカ主義。一方普遍的な真理の存在を否定し、集団主義と中央集権によって人間社会は常に上昇していき、最終的には平等な理想社会が実現するとする進歩主義


進歩主義社会主義、ナチズム、ファシズム、共産主義へと発展し、未曽有の殺戮をもたらした。ソ連崩壊後もその哲学官僚組織として米国社会に深く根を下ろして生き長らえることになった。そして今、米国社会の持続と繁栄をもたらしてきたアメリカ主義は進歩主義の攻勢によって危機に直面している。


・日本人が読んでも読みごたえのある一冊。絶え間ない政府領域の増大も真理・哲学・価値観の喪失も自由と繁栄の喪失もまさにわが日本の問題

(部分抜粋引用終)

結局のところ、この十年以上のブログ書きの根本的な動機および話題は、ここに集約されると言えよう。平たく言えば、「真面目にやってきたのに、どうしてこんな状態なのか?」という疑問形が次々に湧いてくるということである。

itunalilyitunalily 2017/09/20 18:09 フェイスブック(https://www.facebook.com/ikuko.tsunashima)転載の続きを以下に。

ありがとうございます。ただ、帰国後はぐったりして、まだ学会で全部を披露できていません。一部のみ研究発表で使いましたが、神学部の先生方は、お口あんぐり状態でした。

(転載終)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170920

2017年09月19日 小さな提案を

https://www.facebook.com/ikuko.tsunashima

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H2A_Y7A910C1MM8000/

「衆院選で首相、消費増税の使途変更問う 教育無償化に

財政健全化遠のく」

2017/9/19

日本経済新聞 電子版

増税分の使い道に子育て支援や教育無償化の財源を加える検討(引用終)

←ますます社会主義化する方向へ?私見では、以下のような提案をしたい。


(1)義務教育は無償でなければならないから、現行通りでよい。

(2)それ以上の教育については、自分の子の能力や向き不向きを考えて、親が無理をしないこと。

(3)高等教育を授けたければ、子の誕生後まもなく、親が毎月少しずつでも教育資金を積み立てる責任と計画性を持つように。

(4)奨学金とアルバイトで大学に行かせる、というような無理無茶を親が勝手に期待しないこと。

(5)子育て支援は、政府がすべきことではない。大人になれば、責任を持って家族計画を立てて、自分の身の丈内で子育てを考えていくこと。


・憶測に過ぎないが、安倍総理はご自分がお坊ちゃま育ちで、お子さんがいらっしゃらないから、このような提案に善かれと思って乗ってしまうのだろうか?


・送られてきた冊子で知ったことだが、「奨学金とアルバイトで大学に行かせる」と堂々と言う親御さんがいるようで、びっくりした。恐らくは、ご自身が大学に通ったことがないのだろう。鵜呑みにする子供がいたとしたら、悲劇だ。(1)奨学金は基本的に「学生の借金」であり、学業を終えたら返済することが前提である。未成年のうちから安易に人生に負債を課すなんて、親の気が知れない。(2)学生時代には限られた時間で精一杯、学業に励み、生涯の師や友人を求め、社会人になった時の基盤を作ることにエネルギーを注ぐべきである。アルバイトと言っても、私の時代とは異なり、今は時給も相対的に低く、割に合わないことが多いのではないか。


・「奨学金を無償にしてほしい」という要求や、高学歴プアの話、いい年をしていつまでも大学で学生生活を送り、結婚も就職もしていない層の増大など、社会問題にメスを入れるべきではないでしょうか、安倍総理!

(転載終)

「高学歴プアの話」に関しては、過去ブログ(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20100718)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20150405)をどうぞ。1980年代に学生だった頃のアルバイトの話は、こちらを(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20081214)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20151228)(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20160918)。

次は、メーリングリストからの転載。

千田琢哉『30代で逆転する人、失速する人』を読み解く


・30代で逆転する人は、最初に窓際部署で圧倒的実績を残す。


・まず圧倒的な量にこだわる。


目の前の仕事が次の仕事マーケティングだと考える。


メールで回答をもらったら即「拝受」と返す。メールのやり取りというのは究極のアナログだということを肝に銘じたい。


・言いたい放題でも最後は方針に従う圧倒的実力をつけると、引き際が見えてくる


・30代で逆転する人は、総務部経理部からの評価が高い期限厳守どころかお背を白受けたら即日処理してしまう。地味な作業こそ、実力が露呈される。雑用に全力を尽くそう


・会議で最初に発言する。誰でも最初は話しづらい。だから、次の意見が出やすくなるような、その場の空気を活性化することに価値があるのだ。


相手が喜ぶ年賀状を書く。年賀状は自分のためではなく、相手のために書くものだから。磐石な家庭を築いているからこそ、わざわざ他人に自慢する必要はない。年賀状にはたったひと言でいいから、直筆でメッセージを書こう。


・パーティでたった1人と知り合う。真剣に相手の話に耳に傾けて、目の前の人を世界一大切な相手と考える。


スピードと継続力で勝負する。相手が仕事を前倒ししてきたら、自分もそのペースに乗っかってみよう。


正確に数値を報告する。数値を正確に把握するする人は、夢に近づいていく。


常識の3倍速をマイペースにしてぶっちぎる。まわりが目に入らないくらい圧倒的なスピードで仕事に取り組もう。


・宴も酣(たけなわ)でサッとお暇する。宴も酣でお暇する癖をつけておくとすべての人間関係で「もう一度会いたい」と懇願されるようになる。


・写真撮影で相手を笑わせる。大切なのは笑顔の強要ではなく、相手を自然に笑わせることだ。

(部分要約抜粋終)

「年賀状」については、過去ブログを(http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20150104)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/itunalily/20170919